ファーメンステーション お米からできたアウトドアスプレー / 奥州サボン 


| お米エタノールプロジェクト 〜岩手県奥州市〜


このアウトドアスプレーを研究開発した「ファーメンステーション」では、高い発酵技術を生かし、様々な循環プロジェクトに取り組んでいます。
そして、『お米』からエタノールを作り製品化するプロジェクトからいくつかの商品が生まれました。
 
それでは、この製品が生まれるまでのプロジェクトを簡単にご説明します。

  

| 休耕田から無農薬米を


米どころ岩手県奥州市胆沢にて、休耕田を開墾し原料米を栽培。
作っているのは、無農薬、減農薬、生物多様性に配慮した栽培を行っている「アグリ笹森」のみなさん。 使用するお米は全て無農薬で栽培しています。
 
このプロジェクトにより美しい田園風景も蘇りました。
 
※放射性物質不検出。原料米、米もろみ粕、エタノールともに検査済みです。 (株式会社キューサイ分析研究所)

  

| 発酵技術でエタノールを!


実証実験から得たデータをもとに、徹底した品質管理のもと「天気、水の出具合、温度、日当り、湿度」など、
お米作りと同じように全て手作業で手間ひまをかけて丁寧に製造しています。
 
昔ながらの機械で丁寧にくだいたお米に、麹と酵母を加えじっくり発酵される「もろみ」。
ぷつぷつと発酵する音が聞こえてきます。


そして、発酵したもろみを丁寧に蒸留、ゆっくりと時間をかけて、エタノールを抽出。
 

このエタノールは高品質と認められ、大手化粧品メーカーの化粧品原料にも採用されているのです。

  

| 商品開発へ


抽出したエタノールをはじめ、エタノールと同時にできる米もろみ粕などを原材料とした製品開発を行っています。
 
現在では、アウトドア(虫除け)スプレーをはじめ、消臭スプレー、保湿石鹸などが製品化されています。

 
 

| アウトドア(虫除け)スプレー
| 奥州サボン
| お米と桃のボディミルク