野田琺瑯 ホワイトシリーズ (在庫限り)


1934年より80年以上もの間、琺瑯づくり一筋の野田琺瑯。
そのものづくりには、「道具は人の手だすけになり、心がやすらぎ安心して使えるものでなければならない。」という想いが込められています。
 
また、人々が健全な生活を送るためには、人間の根源である「食生活」を軸にして見直してみることが大切であるとの考えで、日々私たちの暮らしの中で欠かすことのできないシンプルかつ高機能な琺瑯が生み出されています。
 
琺瑯づくりの全行程を自社で行い、高い品質を維持し続けることができるのも野田琺瑯が選ばれる理由の1つです。 

| 琺瑯が長く愛される理由


琺瑯は、下ごしらえ、調理、保存ができ、直接火にかけたり冷凍することもできる優れた容器です。洗うのも簡単で、オーブンやコンロからそのままテーブルに出すことができるも嬉しいポイント。
琺瑯の優れたポイントをピックアップしてみました。あなたのキッチンライフでも活躍間違いなしです。
 
直接調理ができる
そのまま「茹でる」、「蒸す」、「温める」、「焼く(オーブン使用)」ができます。
  
ニオイが付きにくい
 表面がガラスのためニオイが付きづらいです。においが残りやすいカレーや魚の煮込み、キムチなどの漬物の保存におすすめです。
 
食材が長持ち
ガラスは傷が付きにくいため菌が繁殖しづらく、食材が腐りにくいので安心です。
 
有害物資の心配なし
ガラス質は食材や洗剤との化学反応がなく、有害物質が溶け出す心配もありません。
 
長く使える
鉄とガラスのそれぞれの強さを併せ持ち、劣化しにくいので、大事にすれば親子二代で使えるほど長持ちします。
 
酸に強い
アルミや鉄の鍋が酸に弱いのに対し、琺瑯鍋は酸に強いので、酢やレモンを使った料理やジャム作りにぴったりです。(ほぼすべての果物は酸が含まれます。)
 
温めやすく冷めやすい
熱伝導率が高いため、火力を抑えて調理できるので経済的。温まりやすく冷めにくいので短時間で調理ができます。
 
冷蔵庫もすっきり!
野田琺瑯のホワイトシリーズは、美しく温かな乳白色で、形もシンプル。美しく冷蔵庫に収納できます。また、容器に水性ペンで書いてもきれいに消すことができるので、保存した日付や中身を書いておくことができ便利です。
 
環境にやさしい
不要になった琺瑯製品は、溶解することで鉄とガラスが簡単に分解され、鉄はそのまま再利用できるので「リサイクルしやすい」という特徴があります。ラップの消費量が減るのも嬉しいポイントです。

| お客様の声


レクタングル浅型L
手持ちの網を一緒にし、油切りとしてもつかっています。そのまま食卓にも並べても素敵なので重宝しています。サイズ違いで揃えたいです。(北海道 Mさま)
 
レクタングル深型S
匂い移りもないし、冷蔵庫に入れるのにラップ要らずなので、重宝しています。(北海道 Hさま)

| お取扱いについて


直火調理ができますが、電子レンジでのご使用はできません。火にかけるときは、必ずシール蓋をはずしてください。その際、角からはずしてください。
 
焦がしてしまったら?

  1. 焦がした鍋にぬるま湯を入れます。
  2. 大さじ1の重曹を入れ、かき混ぜます。
  3. 食用油を少量(2・3滴)加えます。
  4. 鍋を火にかけ、沸騰したら火をとめます。(この時、重曹+食用油が石鹸のような役割をします。)
  5. そのまま数時間置き、 冷めたら中のものを捨て、スポンジで洗います。

 ※焦げがひどい時には、何度か繰り返してください。
 
サビについて
琺瑯には工程上、鋼板の切断部にあたる端部(フチ部など)や、焼成時に、吊り具で吊るした吊り跡・置き跡等、釉薬がかかりきらない箇所があります。
又、衝撃や落下などで表面のガラス質が欠けた時には鉄地(にぶい銀色)が露出することがあります。
このような箇所は、水分や酸、塩分が付着したままの状態にすると、サビが生じます。
サビが出た場合、市販のサビ取り剤(消しゴム型のもの)でこすってください。食用油を塗るとさらにサビの防止になります。
 
注意してほしいこと

  • 熱伝導がよく、中火または弱火調理が可能で経済的です。炎は底面より大きくならないようご注意ください。
  • 空焚き(水分のない状態)は、絶対にしないでください。空焚きをしてしまった時は、水などをかけずに自然に冷めるのを待ちます。
  • 火にかけた容器は相当熱くなります。素手で触れると火傷をしますのでご注意ください。容器に触れたり動かすときは、必ず濡れ布巾2枚を対角線上の角にしっかり当ててください。乾いた布巾の場合は、すべることもあります。底面が小さい容器をガス台に乗せるときは、ぐらつかないようご注意ください。
  • 調理、食品の保存以外でのご使用はおやめください。
  • 琺瑯の表面はガラス質です。衝撃や落とすなどのショックを与えないでください。
  • ストーブの上でのご使用はおやめください。
  • 使用後は、洗い、よく乾燥させてください。
  • 金属タワシ、研磨剤などのご使用は、表面を傷つけますのでご使用にならないで下さい。
  • 表示容量は経済産業省の表示法により満水容量表示です。煮こぼれしないように、表示容量の7割以下でご使用ください。

   

▼ スタッフおすすめ キッチンアイテム
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リネンキッチンクロス 
(Pint!)
(icura工房)
(BeeEcoWrap)
リネンキッチンクロス 
(Pint!)
(icura工房)
(BeeEcoWrap)